国内サブスクリプションBOXの利用状況調査 健康食品・化粧品ニーズ強く

お菓子のサブスクリプションBOXを運営する株式会社スナックミーが、サブスクリプション(および定期購入)BOXに関する調査を発表しました。
調査の対象となったのは20代~40代の女性で、過去1年間にサブスクリプションBOXを利用したことのある306名。

サブスクリプションBOXの認知3年以上前からが37%

サブスクリプションBOXの認知は意外と古く、3年以上前から認知していたユーザーが37%と多い結果となりました。
半年以内にサブスクリプションBOXを認知したユーザーは16%、1年以内に認知したユーザーが14%と、直近1年で認知が拡大。

サブスクリプション利用経験に関する調査

 

一人あたりのサブスク利用金額は3,000円以上が6割

また、一人あたりのサブスクリプションBOXの月間利用数は2、3個と回答したユーザーが43.2%と最も多く、利用金額の合計は3,000円以上が6割を超す結果に。

サブスクリプションBOXの利用経験に関する調査

 

半年以上契約するユーザーが70%、数年以上のユーザーも36%に

利用期間も長く、半年以上契約するユーザーが70%以上存在しています。
逆に1ヶ月程度で早期離脱してしまうユーザーは6%存在しているようです。

サブスクリプションBOXの利用期間に関する調査

 

サブスク利用経験は健康食品・化粧品が上位に

利用したことのあるサービスカテゴリは、健康食品やダイエット食品・化粧品やシャンプー・日用品という旧来から存在していた定期購入が圧倒的多数をしめており、次いでレシピ付き食材、本や雑誌、菓子といった順になっています。

利用したことのあるサブスクリプションサービスに関する調査

 

サブスク利用理由は健食・化粧品と、食品で分かれる形に

利用理由については、健康食品・ダイエット食品の場合「割引価格で購入できる」「無料で試せた」といった理由が高かったほか、「買い忘れがなくなる」「自分で選ばなくていい」といった利便性をメリットと感じている傾向が。
一方で化粧品やシャンプーについては、価格よりも「毎月の楽しみになる」「自分の知らない新しい商品と出会える」という理由が目立ったほか、健康食品などと同様に「自分で選ばなくていい」という利便性をメリットと感じているようです。

野菜のカテゴリでは、この傾向が強くなり「自分の知らない新しい商品と出会える」が60%を占める形に。
菓子については、「毎月の楽しみになる」「自分で選ばなくていい」といったメリットを強く感じているようです。
全体を通してBOX型のサブスクリプションにおいては「自分で選ばなくていい」というメリットが理由として挙げられることが多そうです。

サブスクリプションBOXの利用理由 健康食品・化粧品

サブスクリプションBOXの利用理由 野菜・菓子

 

サブスクに求める改善点は解約の手間

サブスクBOXの改善点としては、「解約が面倒」が18%と最も多く、次いで「好みとは異なるものが届く」が13%。
解約のしやすさに対する不満が高いことが分かりました。
また、離脱の理由ともなり得る「好みとは異なるものが届く」については、今後さらにマッチング精度を上げていく必要がありそうです。

サブスクリプションBOXに求める改善点に関する調査

 

認知のきっかけは検索・広告が引き続き強い

サブスクBOXを知るきっかけとなった入り口は、検索が最も多く35.3%、次いで広告の31%。
ネットのニュース記事と続き、友達からの口コミやSNSでの投稿なども理由にあげている人が多いとのこと。

ユーザーがサブスクリプションを知るきっかけに関する調査

 

サブスク認知度はオイシックスが圧倒的

認知度に関する調査としては、長らくサービスを継続しているオイシックスが66%と圧倒的に高く、ZOZOお任せ定期便の25.6%を大幅に引き離す形となっています。

サブスクリプションサービスごとの認知度に関する調査

 

今後利用したいカテゴリは、引き続き健食・化粧品

今後利用したいサブスクBOXでは、健康食品・ダイエット食品が30%、コスメ・シャンプーが30%と依然として高い一方で、レシピ付き食材が28%、菓子も27%と、食品に対して強い興味を寄せている傾向が伺えます。

今後のサブスクリプションサービス利用意向に関する調査

今回の調査では、対象が過去1年にサブスクリプションBOXを利用したことのある方なので、一般的な調査結果よりもサブスク利用率や認知度などが高い傾向がありそうですが、引き続き定期購入型のサービスとしては健康食品、化粧品のカテゴリがニーズが高いようです。

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。