ソフトウェアはサブスクリプションモデルと、売り切りモデルで考え方を変える

AdobeやOfficeで誰もが知るソフトウェアのサブスクリプション型モデルへの移行

Adobeは2012年にサブスクリプション型で提供する「Creative Cloud」を発表、翌2013年にはパッケージ版を廃止してサブスクリプションに切り替えるという素早いビジネスモデル転換を行いました。

Adobeの発表した「Adobe 2018 Financial Analyst Meeting Slides」にもあるように、年間経常収益ARR(Annual Recurring Revenue)は継続的に増加しています。

Adobeの年間経常収益

現在では、ソフトウェアのサブスクリプション化の成功例として、各メディアに取り上げられています。

Officeを提供しているMicrosoftでも、従来型のパッケージ販売からサブスクリプション型の「Office365」への移行を果たしました。

現在では、個人向けに「Office 365 Solo」を年間12,744円で提供、従来のパッケージ販売である永久ライセンス「Office Home & Business 2016」を37,584円で提供しています。
法人向けには「Office 365 Business」として年間契約月900円、1ヶ月ごとの契約で1,080円から提供しています。

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。