香水×AIで好みの香りが届くサブスクリプション『SCENTPICK』がスタート

SCENTPICK株式会社は、香水のサブスクリプションサービス『SCNETPICK(セントピック)』を4月から開始すると発表しました。
同社ではサービス開始を前に、無料会員登録および香水リクエスト投票を開始しています。

香水のサブスクリプション『SCENTPIK(セントピック)』

サービス開始の背景として、「自分に似合う香りがわからない」「種類が多すぎて選べない」「フルボトルが高くて試せない」といった悩みが存在しているおり、こうした課題を解決する、としています。

セントピック利用の流れ

『SCENTPICK』は月額1,680円から利用が可能。
香水は1ヶ月使い切りのミニボトルで手元に届く仕組みです。

セントピックでは毎月定額で香水のミニボトルが届く

同サービスの特徴としては、ラグジュアリーブランドからニッチ系ブランドまで100位上のブランドから香水を選べる、好みの香りやライフスタイルからAIが香水をセレクトしてくれる、香水の評価をフィードバックすることで届く香水が最適化されていく、といったことが挙げられています。

香水は100位上のブランドから選択可能

今後はルームスプレーや店舗用フレグランス領域にもラインナップを拡大していくとしています。

参考『SCENTPIK(セントピック)』http://scentpick.jp/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。