[インタビュー]美容室の価格競争体質を打破するサブスクリプション「MEZON」、9割を超す継続率の秘密

サブスクリプションが流行っているから、美容室のサブスクリプションサービスを始めたと勘違いされてしまうことがあるんですが、あくまでサブスクリプションは手段の一つです。

サロンさんに気軽に通ってもらいたい、もっと身近に感じて欲しいと考えたときに、毎回値段を気にするより、ジムのように何回でも気軽に行けるということを実現したかったのです。
結果的に、サブスクリプション型での提供が適しているということだったんです。

 

- 通い放題の場合、収益化にあたっての心配はなかったですか?

サブスクリプションの場合、値段をどう決めるかが重要だと考えています。
サービス開始前にプレテストとして20名の方に参加いただいて、2ヶ月間どの程度の頻度で通われるかを測定しました。
その上で、価格を設定しています。

なおかつ、サブスクリプション契約をしていただいたユーザーさんにお得感を出すことも考慮しています。
シャンプー・ブローとはいえ、一回サロンに行くと3,000円から4,000円かかります。
MEZONの平日通い放題だと16,000円なので、4回通えば元がとれる計算になります。

 

- どのプランが一番人気がありますか?

今、すごく伸びているのはシャンプー・ブローの平日通い放題です。
使い方として平日通い放題に加えて、追加のチケットを買って気に入ったサロンでヘアケアを受けるという方が多いです。
はじめからサブスクリプションを選ぶユーザーさんが多いですね。

MEZONのユーザーさんは働く女性が8割です。
20代後半から60代の女性が使っていて、ボリュームゾーンは30代~40代になります。
働いていらっしゃる方は、仕事の予定の前にサロンに行ってきれいになる、という使い方をされることが多いのですが、それ以外にも、仕事で疲れたのでサロンに寄ってシャンプー・ブローをしてリラックスしたいという方も増えてきています。

マッサージに行くような感覚に近いんです。
加えて、家に帰っても髪を洗って乾かさずに済むので、時短目的にもなっています。

 

2ヶ月目以降の継続率90%以上、その秘密とは?

- 開始1ヶ月で登録者1,000名を超えたそうですが、会員数の伸びはどうですか

今の会員数は、有料・無料会員合わせて3,000名です。

今はほとんど広告を打っていないんです。
メディアに取り上げられてユーザーさんに徐々に認知が広がっているというのもありますが、「ヘッドスパ 定額」や「シャンプー ブロー 通い放題」というキーワードでMEZONのサイトが検索上位に表示されています。

顕在的にニーズのあるユーザーさんが見つけてくれている状況です。

2019年からは潜在的なユーザーさんにもコンタクトするためのマーケティングを行っていこうと考えています。

 

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。