住宅のサブスクに続々参入 家具のサブスク『CLAS』が住み替えサービスを開始

家具・家電のサブスクリプションサービスを運営する株式会社クラスは、株式会社レジデンストーキョーと提携し、サブスクリプション型住宅事業を提供すると発表しました。
多様化するワーク・ライフスタイルニーズに応えるため、家具・家電だけでなく、住居についても住み替えが自由にできるサービスまで拡大をするとのこと。

クラスとレジデンストーキョーによる住宅のサブスクリプションサービス

これまでは賃貸契約の際、多額の初期コストや煩雑な事務手続き、新しい物件のための家具家電の購入や設置といった手間がかかっていました。
また、外国人就労者の増加や民泊新法の施行に伴って家具付き賃貸物件の不足が課題となっています。
両社はこうしたユーザーの負担をゼロにすることを目標として、サブスクリプション型の住宅事業に参入。

2019年3月中旬に第一弾の物件オープンを予定し、その後も都内中心に各地で展開していくとしています。

サブスクリプション型の賃貸住宅では敷金・礼金、仲介手数料、保証料、家具家電の購入料、家具家電の引っ越し運賃などを削減可能。
電気・ガス・水道・ネット環境などインフラ周りの契約手続き、家具家電の設置などもサービスの範囲内で提供します。

株式会社クラス代表の久保氏は、サブスクリプションマガジンのインタビューで、家具のみならず家電にも領域を広げていくと語っており、今回の発表では家電だけでなく住宅そのものをサブスクリプション化したことになります。
参考記事:[インタビュー]ユーザーが意識する必要がないところまで値段を下げる、家具のサブスク『CLAS』の価格戦略とは

住宅のサブスクリプションはインドのOYOが日本のヤフーと提携し『OYO LIFE』の提供を発表したばかり。
関連記事:インドのユニコーン『OYO』がヤフーと合弁会社設立 『OYO LIFE』で賃貸住宅事業に参入
家具家電、インフラ付き、敷金・礼金なしで住み替えのできるサービスが続々とはじまっています。

参考:
家具家電のサブスクリプションサービス『CLAS』
https://clas.style/

全国約5,000室のマンスリーマンション事業者と提携するレジデンストーキョー
https://residencetokyo.jp/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。