三井不動産が世界初のMaaSプラットフォーム提供会社に出資 日本でもMaaS取り組みへ

三井不動産株式会社は、ヘルシンキのMaaS Golobal社への出資を発表しました。
MaaS Global社は世界初の本格的なMaaS(Mobility as a Service/モビリティ・アズ・ア・サービス)のプラットフォーム『Whim(ウィム)』を展開する企業。
ヘルシンキのほか、ベルギーやイギリス、シンガポールなどの都市で現地の提携企業とともにサービス範囲を拡大しています。

今回の出資および協業契約の締結により、街づくりにおけるMaaS実用化に本格的に取り組むとしています。
両者は2019年内に首都圏において交通事業者等と連携した実証実験を開始。
同時にサービス化に向けた取り組みを加速します。

MaaS Global社が提供するMaaSの統合スマホアプリ『Whim』は、公共交通だけでなく、タクシー、レンタカー、カーシェア、自転車シェアなど、あらゆる交通手段を組み合わせて最適な移動体験を提供。
料金体系は世界初の定額制(交通サブスクリプションモデル)を導入しています。

三井不動産が出資したMaaS GlobalのアプリWhim

三井不動産は、いち早く各地で実用化に向けた展開を進めるMaaS Global社に出資することで、日本での本格的な実用化に向けた取り組みを開始する意向です。
MaaS Global社としては、同社の取り組むテーマの一つである「不動産×MaaS」を推進するために、複数カテゴリーのアセットを保有して、日本での街づくりを行っている三井不動産が今後都市部でのMaaS推進の良いパートナーとなったとのこと。

参考『三井不動産』https://www.mitsuifudosan.co.jp/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。