サブスクサービス、利用経験は35%。サブスクを知らない人は32%(マクロミル調べ)

 

サブスクサービスの認知では動画が58%。いずれも知らないが32%

株式会社マクロミルはサブスクリプション型サービスに関して消費者の認知、利用者の状況、消費者がどのようなメリットを感じているのかなどの調査を行いました。
調査対象は1都3県在住の20~69歳の男女1,000名。

サブスクリプション型サービスの認知度に関する調査では、18個の選択肢から、定額料金で使い放題になることを知っていたサービスをたずねました。 (18個の選択肢は音楽配信、動画配信、電子書籍、ゲーム、雑誌、洋服、スーツ、バッグ・アクセサリー、コスメ、クリーニング、コインランドリー、コンタクトレンズ、飲食店、食品・飲料・酒、英会話、車、ワークスペース、その他)

サブスクリプションの認知度グラフ

認知率が高かったのは「動画配信」58%、「音楽配信」52%、「電子書籍」35%、「雑誌」28%とデジタルコンテンツが中心となりました。
6位以下では「洋服」7%、「コンタクトレンズ」7%、「飲食店」6%と、デジタルコンテンツ以外が入ったものの、認知率はまだまだ低いことが分かりました。

また、いずれのサービスも定額制で使い放題になることを知らなかった人が32%にのぼり、まだまだサブスクリプションが一般に認知されているとは言い難い状況です。

回答は、若い年代の方がサブスクリプション型サービスの認知度が高く、男性より女性の方がサブスクリプション型サービスの認知率が高い傾向がありました。

サブスク利用経験率でも、動画が24%とトップ

実際にサブスクリプション型サービスを利用したことのある人は「動画配信」24%、「音楽配信」18%、「電子書籍」8%、「雑誌」5%と認知率と同じ順位でした。
実際に利用している人は、認知している人の半数以下となりました。

サブスクリプションサービスの利用経験グラフ

また「特にない」も33%と、3人に1人はいずれのサービスも利用していないことが分かりました。
利用経験率は20代が最も高く、年代が上がるにつれて下がる傾向がありました。

サブスク利用の理由は「お得感」

サブスクリプション型サービスの利用者282名が、1ヶ月あたりにかけている金額は「1,000円以上~3,000円未満」が47%、「1,000円未満」が35%でした。
平均金額は2,328円となりました。

サブスクにかける利用費用グラフ

また、サブスクリプション型サービスを利用する理由について、利用経験率上位3サービスについて調査しました。

サブスクサービスを利用する理由

音楽のサブスクサービスを利用する理由

電子書籍のサブスクを利用する理由

動画配信サービスでは「継続的に支払うのにお手頃な金額だったから」、音楽配信サービスでは「お金を気にせず何度でも利用できるから」、電子書籍サービスでは「通常利用よりも安く済むから」と、いずれもお得感に関する理由が上位でした。

まとめ サブスクリプション型サービスの利用はデジタルコンテンツが牽引 若年層が利用を引っ張る

サブスクリプション型サービスは、このところビジネスの世界では認知度を急速に上げていますが、一般的にはまだ認知を広げていく必要がありそうです。
また、認知されているサービスのほとんどすべてがデジタルコンテンツで、服やバッグ・アクセサリーや、飲食店などが定額制で利用できる認知はほとんどされていないのが現状です。

サブスクリプション型サービスを利用しない理由に目を向けてみると、まだまだものを所有したいという回答が年齢層が上がるにつれて出てくることも分かります。
逆に、若年層ではサブスクリプション型サービスの認知・利用ともに割合が高くなる傾向があります。

調査概要

調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に住む20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間 2018年6月26日(火)~2018年6月27日(水)

マクロミルの運営する市場調査メディア「ホノテ」では、より詳しいデータがダウンロードできます。
https://honote.macromill.com/report/20180724/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。