PR-日本におけるサブスクビジネス成長のための実践本『サブスクリプション実践ガイド』発売

テモナ株式会社 代表取締役社長 佐川隼人は、201973日にサブスクリプションビジネス事業者に向けた書籍『サブスクリプション実践ガイド(英知出版)』を全国の書店およびオンラインストアなどを通して発売開始しました。

サブスクリプション実践ガイド(英知出版)

サブスクリプションは、もともと新聞や雑誌の定期購読の意味合いで使われていいました。現在では、モノやサービス、ソフトウェアやデジタルコンテンツなどを毎月一定額や従量で支払う契約全般をサブスクリプションサービス、またはサブスクリプションビジネスと呼ぶようになっています。

これまで、購入時に一括で支払を行う売り切り型のビジネスが中心でしたが、2018年以降、日本でも毎月定額を支払うことによりサービスが使い放題になったり、ソフトウェアが常に最新の状態に更新されたり、高価な家具や時計などが大きな出費なく利用できるようになってきています。今後こうしたサブスクリプションビジネスは、日本でも拡大していくものと考えられます。

こうしたなか、サブスクリプション実践ガイドは、日本市場を想定してビジネスを安定的に成長させるエッセンスをまとめた構成となっており、海外と日本におけるサブスクリプションビジネスの違いや、日本市場で急成長しているサブスクリプション企業へのインタビューなど、これまでのサブスクリプション関連書籍にはないコンテンツが特長となっています。

 

『サブスクリプション実践ガイド』の概要は以下の通り。

  • Chapter1 サブスクリプションビジネスとは何か
  • Chapter2 サブスクリプション4つのモデル
  • Chapter3 サブスクリプション成功の鉄則
  • Chapter4 成長企業はどのように実践しているか
  • Chapter5 サブスクリプション社会の到来

 

これまでのサブスクリプション関連書籍ではなかなかマッチしなかった企業の事業責任者、日本の現状に立った視点でサブスクリプションビジネスを学び直したい経営者に最適な書籍となっています。

参考『サブスクリプション実践ガイド(英知出版)』 Amazonのページへ

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。