高いリピート率の出張料理サービス『シェアダイン』がサブスクサービス開始

株式会社シェアダインは、4月1日から調理師や管理栄養士など食にまつわる専門家による出張料理サービスの定額利用サービスを開始すると発表しました。
これに先駆けて3月19日よりベータ版のサービスを開始しています。

料理家の出張サービスのサブスクリプションシェアダイン

同社は昨年5月から出張料理サービスの提供を開始。
順調に事業拡大が進み、登録料理家が300人を突破し、マッチング件数ものびているとしています。
また、サービス提供の中でリピート率が高く、定期的に利用するユーザーから2つの声があがりました。

シェアダイン利用ユーザーのニーズ

1つ目は、ライフスタイルの変化に応じて、食の悩みを解決してくれる専門家を求めていること。
産前産後は栄養バランスを整えたい、離乳食について専門家のちからを借りたい、といったニーズからさらに、幼児食で子どもの好き嫌いを克服したいといった形でその時々に応じて継続的にサービスを利用するユーザーがいるとのこと。

2つ目としては、多様な状況に合わせて食事を選択するユーザー意識の高まりがあるといいます。
体を鍛えるためジムに通っているため、自分に合った栄養指導をしてほしい、子どもが部活でスポーツをしているので食事面でのサポートが欲しい、といったアスリート食。
メタボ検診で引っかかったため、カロリー計算した食事が必要、といったダイエット目的での利用などがあるほか、生活習慣病や糖尿病などの病気予防・悪化防止のための食事管理の問い合わせも多いとのこと。

こうした高い継続率といった背景もあり、同社はサブスクリプション型のサービスを導入。
月2回、月3回、月4回と頻度を選べるメニューを新設しました。
多様化しているユーザーニーズに個別に応えていくほか、データを蓄積することで利用者と料理家のマッチング精度を高めていくことで、「食卓を共創するプラットフォーム」を目指します。

サブスクサービスシェアダインの料金体系

料金は月2回コースが12,000円/月~、月3回コースが18,000円/月~、月4回コースが24,000円/月~。
いずれも、料理家の交通費および買い物代行費用までを含んだ料金として提供されます。
作り置きサービスのため、自分の好きな頻度での申込みを選べる設計となっています。

参考『シェアダイン』https://sharedine.me/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。