笹塚にサブスクリプション型住宅 レジデンストーキョーが3月15日に

株式会社レジデンストーキョーは、3月15日より敷金、礼金、仲介手数料の無いサブスクリプション型の住宅第一弾を「笹塚テラス」内にオープンしました。
同物件は家具・インテリア・家電のサブスクリプションサービス『CLAS』と提携、初期コストを削減した住宅です。

レジデンストーキョーのサブスクリプション型住宅第一弾

これにより、本来であれば転居の際に発生する敷金・礼金・仲介手数料・保証料などのコストが不要なだけでなく、家具家電の用意の必要なく入居が可能です。
また、電気やガス・水道・ネット環境などの契約手続きも不要。
自由な住み替えができるサブスクリプション型住宅となっています。

家具・家電はサブスクリプションサービスCLASと提携

間取りは1Kと2LDK、住戸専有面積は25.2平米・51.9平米となっています。

参考:『レジデンストーキョー』https://residencetokyo.jp/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。