レクサスが月額18万円。トヨタ、クルマのサブスクリプション『KINTO』新会社設立

トヨタ自動車は2月5日、クルマのサブスクリプションを運営する新会社、株式会社KINTOを設立したと発表しました。
同社はトヨタファイナンシャルサービスと、住友三井オートサービスが出資。

トヨタのサブスクリプションKINTO

サービス内容は、3年間で1台のトヨタブランド車に乗れる「KINTO ONE」、3年間で6種類のレクサスブランド車を乗り継ぐ事ができる「KINTO SELECT」の2種類。
任意保険や自動車税、登録諸費用、車両の定期メンテナンスまでをパッケージ化した月額定額サービスとしています。

同社は、「クルマが従来の「所有」から、使いたい時に使いたい分だけ利用する「利活用」にシフトする中、クルマを単なる移動手段として利用するのではなく、利活用を前提としながら、好きなクルマ・乗りたいクルマを自由に選び、気軽に楽しみたいというニーズが高まっている」とした上で、「KINTOは、お客様がもっと気楽に楽しくクルマとお付き合いいただける新しいクルマの持ち方を提案していく」という、これまでの販売から、月額定額制での関係づくりへのシフトを述べました。

提供は全国の販売店以外にもインターネットからの申込みも可能。
「KINTO SELECT」は2019年2月6日から、「KINTO ONE」は2019年3月1日から都内のトヨタ販売店とレクサス販売店でトライアル実施されます。
また、夏以降には全国に展開。秋口にはサービス対象車種を拡大していく、としています。

トヨタもサブスクリプションに本格的に取り組む

「KINTO ONE」の対象車種は、プリウス、カローラスポーツ、アルファード、ヴェルファイア、クラウンで、秋以降ラインナップを拡大。
プリウスの月額は46,100円(税抜き)からの設定になっています。

「KINTO SELECT」の対象車種はES300h、IS300h、RC300h、UX250h、RX450h、NX300hで、月額料金は180,000円(税抜き)

参考:トヨタのサブスクリプション『KINTO』
https://kinto-jp.com/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。