トヨタのサブスク『KINTO』サービス開始10ヶ月で累計契約951件

トヨタ自動車株式会社は、クルマのサブスクリプションサービス『KINTO』の累計契約件数が951件にとどまっていることを発表しました。
『KINTO』は2019年2月にサービスを開始。
テレビCMなどを活用してサービスの認知を狙いましたが、契約の伸びは進まなかった模様です。

ユーザー数が伸び悩んだクルマのサブスクKINTO

同社は今後、『KINTO』の海外展開や、国内での中古車を活用した低価格版サービスなどで契約者増を目指すとしています。

参考:トヨタの提供するクルマのサブスク『KINTO』https://kinto-jp.com/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。