コーヒーのサブスクリプション『CAFE PASS』広がるコーヒー定額制

コーヒーが毎月30杯、好きなカフェで飲めるサブスクリプションサービス『CAFE PASS』。
12月17日にコーヒーのライフスタイルサイト『Cafend』との提携を発表しました。

『CAFE PASS』を運営するのは株式会社Some Sky。
同社は2018年4月2日からコーヒー定額制のサービスを開始しました。

サービス開始前、クラウドファンディングサイト『Makuake』でテストサービスを開始。
329万円を集めました。

提携するカフェで月30杯までコーヒー飲み放題

『CAFE PASS』の提供するサブスクリプションのメニューは2種類。
一ヶ月30杯までコーヒーが飲める月額4,860円の『CAFE PASS・30CUPS』と、一ヶ月3杯までコーヒーが飲める月額900円の『CAFE PASS・LIGHT』を用意しています。

カフェの定額制メニュー

メインのコースは『CAFE PASS・30CUPS』ですが、エントリーコースとして安価な『CAFE PASS・LIGHT』を用意しています。
『CAFE PASS・LIGHT』は初月無料ということで、新規顧客の敷居をさらに下げる仕組みが取り入れられています。

『CAFE PASS・30CUPS』なら1杯あたり162円でコーヒーが飲み放題。
通勤途中に提携するカフェがあれば、毎朝のコーヒーが助かりそうです。
また、30分時間をあければ1日に何杯でも飲めるのも特徴です。

サブスクリプションプランへの登録は、Facebookアカウントと連携し、必要事項を入力。
このときにクレジットカード情報なども一緒に登録します。
初月無料の『CAFE PASS LIGHT』でもクレジットカードが必要です。

サブスクリプションに加盟するカフェのメリット

この『CAFE PASS』に加盟するカフェ店舗のメリットはどんなところにあるのでしょう。
少し面白いのが、月額定額制でなおかつ1杯162円で飲めるのに、注文されたドリンクの料金全額が『CAFE PASS』からカフェに支払われます。

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。