出張買取サービスを背景にバイセルテクノロジーズが高級腕時計のオーダー制サブスクを開始

坂上忍さんをキャラクターとしたCMで認知を広げている出張買取サービスで株式会社BuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)は、2019年2月20日から高級腕時計のレンタルサービス『バイセルハント』を開始すると発表しました。

坂上忍さんがイメージキャラクターの高級腕時計のサブスクリプション『バイセルハント』

ユーザーは、希望する時計をオーダーし、同社が希望の時計を調達してレンタルするというサービス。
従来は、用意された在庫の中からユーザーが選択するため、希望する時計が無かったり、順番待ちをするという不便が生じていました。
同社ではロレックスやウブロといった高級ブランドの時計を1週間から2週間の間に調達し、レンタルを開始します。

年間1万本の時計買い取りを背景にサブスク事業へ進出

同社の出張買取サービス『バイセル』では、日本全国から年間20万件以上の問い合わせ(2018年実績)があり、時計は年間1万本を超える買い取りがあります。
『バイセル』の調達力があることで、在庫を持たず、顧客に合わせて時計を都度調達することが可能となっています。

『バイセルハント』でレンタルされるロレックスの腕時計

既存の腕時計のサブスクとの違いは『完全オーダー制』

既に腕時計の定額レンタルサービスは存在しており、多くの利用者がいるものの、人気ブランドの利用希望が殺到し、順番待ちなど希望の時計が借りられないという状況を解決するのが『バイセルハント』の他の時計サブスクとの違いです。

「在庫の中から借りたい時計を選ぶ時代から、着けたい時計をオーダーする時代へ」
と同社は新サービスのコンセプトを語っています。

月額料金は18,000円から。
ロレックスのサブマリーナが32,800円、ウブロのビッグバンが38,250円など、時計によって価格が設定されています。

腕時計のサブスクリプションメニュー一覧

まずは、ロレックス(ROLEX)やウブロ(HUBLOT)の2ブランドから順次拡大を予定しているとのこと。

参考:高級ブランド腕時計のサブスクリプション『バイセルハント』
https://www.buysell-hunt.jp/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。