アップルが動画サブスクリプションサービスに参入 スピルバーグ氏参加の独自コンテンツも

米アップルは25日、動画サブスクリプションサービス『Apple TV+』を開始することを発表しました。
サービス開始は2019年秋を予定しています。

Appleが参入する動画サブスクリプションサービスApple TV+

『Apple TV+』では、同社独自の映画やドキュメンタリーといった番組も用意され、発表ではスティーブン・スピルバーグ氏も登壇しています。

同時に、「Apple TVアプリ」もアップデート。
iOSやtvOSだけでなく、Macでも利用できることになるほか、Appleの動画配信だけでなくAmazonのFire TVなどの配信にも対応する見込みです。
これにより、Appleは動画配信のプラットフォームを独自に持つことになりそうです。

Appleの日本版Webサイトでもこの模様は紹介されており、日本での対応も見込まれます。

参考『Apple Special Event. March 25, 2019.』https://www.apple.com/apple-events/march-2019/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。