渋谷・品川にも月4万円で暮らせる住居のサブスク『ADDress』会員も順調に増加

定額制で全国の好きな拠点に住み放題となるコリビング(co-living)サービスを提供する株式会社アドレスは、全国11拠点やパートナーの発表を行いました。

サブスクリプションADDress発表会

『ADDress』は毎月4万円で同社の提携する拠点に住み放題になるサブスクリプション型シェアサービス。

住居のサブスクリプションADDress

拠点の特徴は、個室を確保しつつ、シェアハウスのようにリビングやキッチンなどを共有。

空き家や別荘などをリノベーションして活用することで、低価格での提供が可能となっています。
光熱費やWi-Fi、共有家具やアメニティ、共有スペースの清掃なども価格に含まれています。

ADDressの仕組み

 

料金は、年会員が48万円(4万円/月)、月会員が5万円、法人会員は8万円/月からの予定で1契約を企業内で共有もできます。

法人会員は既に、株式会社ガイアックス、株式会社CAMPFIRE、認定NPO法人フローレンス、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社(トライアル利用)、株式会社リクルート住まいカンパニーなどが契約。
一方でクラウドファンディング『Makuake』で先行して行われた会員募集には2日間で68人が申し込み。
目標金額200万円を大きく上回り375万円(2月20日現在)を集めています。

Addressクラウドファンディング達成

今回の発表では11拠点ですが、今後さらに栃木県日光市、宮崎県日南市などにも拠点がオープン予定となっています。

また、『ADDress』では様々なパートナーと連携することで、快適な住空間を用意。
アメニティではLEAF&BOTANICS(松山油脂株式会社)、ベッドはコアラマットレス(Koala Sleep Japan KK)、椅子・テーブルではVUILD株式会社などと連携しています。

このほか、滋賀県大津市と連携し、空き家等の物件情報の提供や関係人口の増加につながる取り組みの推進をおこなうほか、ANAホールディングス株式会社との提携によって空席・空きリソースを活用したシェアエコツーリズムの推進、akippa株式会社と提携した駐車場のシェア、株式会社AsMamaと提携した地域の子育てサポート及びADDress利用者の子育てサポート、REALBBQ株式会社と提携したADDress物件でのバーベキューなど、多岐にわたる企業を巻き込んだ事業展開を行っています。

参考:『Makuake』【優先会員募集】全国住み放題「ADDress」で、日本中にあなたの田舎をつくろう
https://www.makuake.com/project/address

参考:全国定額住み放題サービス『ADDress』
http://address.love/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。