紙おむつ定額制サービス「手ぶら登園」 ICTを活用し保育所での「新しい生活様式」に対応

BABYJOB株式会社は、ユニ・チャーム株式会社と実施している保育所向け紙おむつ定額制サービス「手ぶら登園サービス」において、株式会社コドモンの提供するシステムとの連携を7月1日から開始すると発表しました。

おむつのサブスクリプション手ぶら登園

「手ぶら登園」では、紙おむつを保育所に直接届けるため、これまでのように保護者がおむつに名前を書いて持参する必要がなくなる、保育所にとっても保護者にとっても便利なサブスクリプションサービス。2019年7月からユニ・チャーム株式会社とともに本格的に開始し、各種メディアなどでも取り上げられています。
現在では、全国約5,000施設、保育士約8万人が利用しており、全国26の自治体で導入されています。

2019年度の特定地域型保育事業を含む、全国の保育所数は36,345園となっており、さらなる拡大が見込めます。

今回のシステム活用では、新型コロナウィルスをきっかけとした「新しい生活様式」に対応するため、口座引き落としやクレジットカード支払いによる現金でのやり取をなくす、お知らせや連絡帳のICT化、オンライン保育の活用といった、これまで以上の利便性を提供します。

手ぶら登園の実現する保育所の新しい生活様式

同社は今後、保育園の「新しい生活様式」の対応をスムーズに行うために、さらなるシステム連携を進めていく、としています。

参考:「手ぶら登園」https://tebura-touen.com/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。