あの高級車キャデラックが借り放題!月額20万の価格帯で、加入者はすでに7,000人越え?!

サブスクリプションコマースは世界で確実にサービスが広がっています。
今回はなんと、高級車のサブスクリプションコマースです。日本のレンタカーサービスとは違いますので、是非、記事を最後まで読んでください。

 

それでは、米ゼネラルモーターズ(GM)の高級車ブランド、キャデラックの定額制でプログラム「Book by Cadillac(ブック・バイ・キャデラック)」をご紹介します。

Book by Cadillac(ブック・バイ・キャデラック)とは

https://www.bookbycadillac.com/

 

Book by Cadillacはニューヨーク市内に限定していた定額制のサブスクリプションプログラムですが、サービスが非常に好調である為、ロサンゼルス(カリフォルニア州)とダラス(テキサス州)でも利用できるようになりました。なんと、年間18モデルまでを、自由に利用することができます。毎月の価格は1,800ドルです。

1,800ドルは日本円で20万円(記事執筆時)。それなりの値段がする感じがしますが、実は数カ月前までは1,500ドルでした。値上げの理由は、毎月1,500ドルでも加入する人が多かったことから、事業拡大に向けて月額料金を値上げしたそうです。このサービスはドイツ・ミュンヘンでも試験的な運用を開始しており、世界的な市場拡大も視野に入れて拡大中です。

キャデラックは先行サービスインしたニューヨーク市内での利用者の増加に伴い、プログラムに投入する車両の台数も引き上げました。ロサンゼルスでは電気自動車の需要が高いことから、プラグインハイブリッド(PHV)台数を多く保有しています。

このような取り組みの結果、サービスの開始以降、加入者はすでに7,000人を超えました。車を借りるときには、白い手袋をしたコンシェルジュによって車が運ばれますので、キャデラックの高級感を感じる事が出来ますね。

サービス加入の方法は?

このサービスはオンラインでサインアップして、アプリをダウンロードする必要があります。このアプリをユーザーにインストールさせる事で、キャデラックは年間1,800ドルを支払う事ができる富裕層に継続的なタッチポイントを持ち続ける事が出来ます。

もちろん、電話によるコンシェルジュサービスもあり、コンシェルジュがユーザーに最適な車をお勧めしてくれるサービスもあります。このようなお勧めしてくれる事をキュレーションと呼びますが、サブスクリプションコマースではキュレーションがもう一般的なサービスになってきました。

オンラインでサインアップして、アプリをダウンロードする必要があります

日本のリースやレンタカーと何が違うの?

日本のリースやレンタカーと違うのは以下の点です。

・いつでもプログラムをキャンセルできる事
・車のメンテナンスや保険について別途加入する必要がない事
・高級車であるキャデラックの複数の車種を自由に乗る事ができる
・週末に雪山や海にSUVを借りて、平日はセダンに乗り換える事が出来るなど、自由な選択プログラム

同社のサービスが人気だった事から、リンカーンやボルボ、ポルシェをはじめとする高級車も、同様のサービスを開始しています。しかし、先行者利益が大事なサービスですから、キャデラックのBook by Cadillacは、しばらくは業界No1の地位を保ち続けるでしょう。

同社が解決していない課題とは?

キャデラックがまだ解決していない1つの問題があります。それは駐車場の問題です。車を乗り終えてチェックアウトしたら、別の車と交換する準備が整うまで、その車を保管する必要があります。

言い換えれば、ユーザーが車を使わないのに、駐車場の料金が必要で、かつ車を保有している状態です。この問題は、ユーザーの体験談やブログにも課題として書かれていますので、今後のサービス改善に期待したいところです。

今回は日本のレンタカーと似て非なるものもの、高級車のサブスクリプションコマースについてご紹介しました。

2018年12月5日追記:
キャデラックでは現在、サブスクリプションの新規申込みを休止しています。
ニュースレター登録
青栁 陽介
日本ダイレクトマーケティング学会 正会員/通販エキスパート検定1級保持|eコマースの全体的な構築からCRMの設計まで、通販ビジネス全体を支援。事業者の売上を上げるためのコンサルテーションを日本全国で開催中。