ヤマハがバイクのサブスクリプション『月極ライダー』実証実験を埼玉で開始

ヤマハ発動機株式会社は、月額制のバイク貸し出しサービス『月極ライダー』の実証実験を5月20日から埼玉県で開始したと発表しました。
同サービスは、サブスクリプション型でバイクに気軽に乗れることをコンセプトとしたサービス。
料金には保険料等が含まれており、30日単位でレンタルすることができます。
気に入ったバイクは購入も可能です。

ヤマハのバイクのサブスクリプション『月極ライダー』

ヤマハとしては、免許を取ったばかりのライダーや、休眠ライダーなどに対してバイクに乗る機会の敷居を下げることで、業界を活性化したい狙い。
サービスは提携するショップを通して提供され、支払総額の5%を月額で支払うことで利用が可能。
支払総額は車両本体価格と出庫のための諸費用、税金・保険料が含まれています。
例えば、支払総額338,000円のバイクの場合、月額16,900円で乗ることが可能となります。
料金には任意保険、各種税金、メンテナンスの費用が含まれています。

『月極ライダー』は5月末までの期間で埼玉県内で実験を行った後、効果検証などを経て2020年にエリア拡大に向けて取り組むとしています。

参考『月極ライダー』https://tsukigime-rider.com/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。