丸井が就活スーツとバッグのサブスク『COCONi』実証実験を開始

株式会社丸井グループは、就活スーツやバッグといったアイテムのサブスクリプションサービス『COCONi(ココニ)』の実証実験を開始すると発表しました。
同サービスは、月額4,320円(税込み)で、就職活動で使うスーツとバッグをレンタルシェアすることができるサブスクリプション型サービス。

丸井の就活スーツ、バッグのサブスクリプション『COCONi』

スーツのサイズとお届け希望日を選択することで、自宅にスーツとバッグが届く仕組みです。
支払いはエポスカードで行い、マルイ店舗で事前にスーツを試着することも可能としています。
月額費用には配送料も含まれており、返却時のクリーニングも不要。

丸井ではサブスク型で就活スーツとバッグをレンタルできる

丸井によれば、就活スーツを着用した平均日数は55日。

丸井の調査によれば、就活生のスーツ利用日数は平均55日

就職活動が終わるとスーツやバッグを使わなくなるため、サブスクリプションサービスを通して学生が必要なときに必要なだけ利用できる環境を作っていくとのこと。
また、スーツバッグの排気量の削減にもつながるとしています。

丸井は今後「所有から利用へ」の考え方のもと、ドレスやバッグ、時計といったモノのシェアリング事業を創出していく方針。
加えて、モノを売らない体験型の店作りへの転換を図っていきます。
『COCONi』はこうした取り組みの先行事例として、実証実験を通して効果検証を経て、今後のサービス改善を目指すとしています。

参考『COCONi(ココニ)』https://voi.0101.co.jp/voi/content/01/sp/contents/webshop/coconi/index.html

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。