世界のアプリ市場サブスクが牽引、非ゲーム上位5位がサブスクアプリに

AppAnnieは、2018年のモバイル市場の振り返りと2019年の市場予測を『モバイル市場年鑑2019』を発表しました。
2018年の全世界でのダウンロード数は194億件、アプリストア消費支出は1010億ドルとなりました。

ゲーム以外のアプリは2016年と比較して120%増加。
主にアプリ内サブスクリプションに支えられているとしています。

サブスクアプリの成長推移

2018年の非ゲームアプリの消費支出上位では、1位がネットフリックス、2位がマッチングアプリのTinder、3位が動画配信のTencent Videoとなっており、いずれもサブスクリプション課金の形式をとっています。

また今後、非ゲームのアプリ支出はアプリ内サブスクリプションにより、2022年には2017年と比較して750億ドルの増加になると予測しています。

2018年12月にネットフリックスがiOSのアプリ内でのサブスクリプション契約の受付を停止し、話題となりました。
これは、Appleの手数料を回避するため、と言われています。

AppAnnieは、「大多数のパブリッシャーは、iOS App Storeのシンプルかつスムーズでセキュアな決済チャネルがもたらす総市場規模の方が、手数料の回避で得られる収益より重要」「顧客との直接取引がうまくいくのは、最大手のブランドに限られそうとコメントしています。

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。