PR-トヨタ出資のファンドなどから15億円の調達をしたクルマのサブスクリプション『カルモ』

ナイル株式会社は、トヨタ自動車などが出資する「未来創生2号ファンド」を運営するスパークス・グループ株式会社、SBIグループ、AOKIグループなど複数投資家から15億円の資金調達を行ったと発表しました。

トヨタ出資のファンドから出資を受けたクルマのサブスクリプション『カルモ』

同社はクルマのサブスクリプションサービス『マイカー賃貸カルモ』を運営。
今回の資金調達で「マイカーの概念を変え、誰もが自由に移動を楽しむ社会を作る」という事業ミッションを実現すべく、『カルモ』のマーケティング活動を強化します。
また、ニーズの高かった『中古車版カルモ』の開始にあたっての人員体制の強化を推進。
モビリティサービス事業だけでなく、同社の運営する事業と親和性が高い企業のM&Aについても意欲を示しています。

サブスクリプションサービスのため、誰でも気軽にクルマを使うことができる

『カルモ』は月額定額料金でマイカーを保有できるサブスクリプションサービス。
ネットを介して取引を行うことで、法定費用などを含みながら、リーズナブルな価格を実現しています。
特徴は国産全メーカー全車種の取り扱いがあるため、自由にクルマを選択することができること。
賃貸期間は1年~9年と幅広く選べ、対象エリアも全国に対応しています。

参考『カルモ』https://car-mo.jp/

ニュースレター登録
杉山拓也
大手SIerを経て、ベンチャー企業にて複数のB2Bメディアを立ち上げる。 その後アプリマーケティング会社を立ち上げ、500以上のアプリマーケティングを支援。サブスクリプション型のビジネスを通して継続的にユーザーとコミュニケーションする重要性を体感する。 サブスクリプションマガジン編集長。